8050問題をみんなで考えよう

午後からは「8050問題をみんなで考えよう」というフォーラムに参加しています。まずは「一人ひとりの参加・活躍を考える」と題して、厚労省社会援護局の玉置隼人地域福祉専門官からお話をいただき、現在はパネルディスカッションが行われています。