自民党島支部の総会

2020年10月4日 カテゴリー:地元のこと,農業のこと

午後3時からは自民党島支部の総会に出席させていただきました。記念講演の講師として藤木しんや参議院議員来ていただき「もうかる農業」についてお話しいただきました。どうもありがとうございました。  

河村健夫先生の総決起大会

2020年10月3日 カテゴリー:お知らせ,国会のこと

宇部市のホテルで開催された河村健夫先生の総決起大会に出席させていただきました。ご挨拶を済ませて帰るときに新山口駅でご一緒した片山さつき先生と写真を撮らせていただきました。それでは滋賀県まで帰ります。

駅前エイトカフェテラス

2020年10月2日 カテゴリー:まちづくり

八日市駅前の歩道を利活用したエイトカフェテラスのオープニングセレモニーに参加させていただきました。10月中の限定的な取り組みですが、少しでも地域の活性化につながればと期待しています。

国政刻刻 エールの交換

2020年9月24日 カテゴリー:寄稿

菅政権が誕生しました。突然の安倍総理の退陣表明で始まった今回の首相交代劇でしたが、14日に菅義偉候補が自民党の新総裁に選出された両院議員総会を間近で拝見し大変感動いたしました。安倍総理(当時)は約5分間に及ぶスピーチのなかで任期途中の辞任となったことを詫びられ、自身が1995年の総裁選挙で小泉純一郎陣営を代表する演説をして大敗を喫したときの経験談をお話しされ、岸田・石破両陣営で闘い敗れ傷つく若手議

国政刻刻 安倍総理お疲れさまでした

2020年9月9日 カテゴリー:寄稿

さる8月28日、安倍総理が持病の悪化を理由に突然の辞意を表明されました。皆さんもさぞ驚かれたのではないでしょうか。7月に入ってから体調がすぐれない様子を感じてはいましたが、本当に「まさか」という思いで記者会見を拝見しました。まず新型コロナに対応する新たな政策パッケージを示された後、自分の病状について説明され国民に対してお詫びの言葉を述べられました。また拉致や憲法改正などの積み残された諸課題について

国政刻刻 名神名阪連絡道路は次のステージに

2020年8月27日 カテゴリー:寄稿

さる6月10日、毎年恒例の名神名阪連絡道路整備促進期成同盟会の要望活動が国土交通省の門政務官と池田道路局長に対して行われ、私も同席させていただきました。ただしタブレットを利用したリモート方式で行ったため、私は国土交通省に赴きましたが同盟会会長の岩永甲賀市長と三日月滋賀県知事、そして田中トラック協会会長は各々の執務室からの参加となりました。 新型コロナへの対応に追われる状況のなかでも要望活動を

国政刻刻 支部大会を開催しました

2020年8月12日 カテゴリー:寄稿

さる2日(日)の午後から八日市文化芸術会館で私が支部長を務める自民党支部の総会と記念講演会を開催させていただきました。この大会は私が支部長に就任して以来毎年開催しているもので今年で4回目となります。これまでには片山さつき参議院議員、伊吹文明元衆議院議長、野田聖子衆議院議員などに講演をしていただき大変好評を博してきました。 本来ならできるだけ多くの皆さまに講演を聞いていただきたい思いから幅広く

国政刻刻 頻発する豪雨災害を受けて

2020年7月24日 カテゴリー:寄稿

九州各地を襲った豪雨は各地で河川の氾濫を引き起こし甚大な被害をもたらしました。特別警報が出された今回の豪雨ですが、近年は毎年のように台風や豪雨による災害が多発しています。特に九州ではこの4年間に3度目となる豪雨災害にみまわれ、被災地からは「本当に再建できるのか」といった不安の声が聞こえてきます。 さて今回の豪雨で大きな被害を受けた球磨川流域では2009年に「脱ダム」を掲げた民主党政権によって川辺

国政刻刻 通常国会が終わって

2020年7月8日 カテゴリー:寄稿

会期150日の通常国会が6月18日に閉会しました。今国会はまさに異例づくめの国会でした。3月末に令和2年度予算を成立させると4月末には10万円の給付金を含む補正予算を、続けて6月12日には第2次補正予算も成立させました。補正予算の総額は57兆円を上回りほとんどすべてが新型コロナ対策費です。具体的には資金繰り対策を強化して地域の経済を守り抜くこと、医療体制を強化してワクチンや治療薬の開発等を支援する

国政刻刻 横田滋さんを偲んで

2020年6月25日 カテゴリー:寄稿

北朝鮮に拉致された横田めぐみさんのお父さんで、拉致被害者救出活動の先頭に立ってこられた横田滋さんが今月5日にご逝去されました。娘の帰りを待ちわびながら再会がかなわなかった横田さん。どれほどめぐみさんに会いたかったことでしょう。本当に無念でなりません。心からご冥福をお祈り申し上げます。   横田さんは平成9年に産経新聞で拉致問題が報道されると拉致被害者の家族会を結成し、全国を精